2008年12月号

NI No.418 & NIジャパン No.106

世界食料危機─飢餓の構造と解決策
Food Crisis: Record profit and hungry people

  世界金融危機の陰に隠れ、食料価格高騰のニュースが取り上げられることも少なくなった。飢えかけている人々の運命よりも、企業救済の行方や投資銀行家たちの身の振り方に関するニュースの方がより多く伝えられている。この全く違うように思える2つの問題には、実は共通する点がある。それは、どちらも立場の弱い人々のことを顧みず、無責任な利益の追求が行われてきたということだ。

2008年の食料価格高騰は、南の途上国の農業に壊滅的な打撃を与え、世界の人々の食料自給力を破壊した。その結果新たに5,000万人が飢餓状態に陥ったが、その一方でアグリビジネスは史上最高益を上げている。しかし、単にこれらの現象を眺めていただけでは問題の本質を見誤ってしまう恐れがある。この食料危機は、食料輸入と農薬使用を基本とする工業化した食料供給システムと深い関係があることに注意しなければならない。今回は、世界がこのシステムに依存するよう仕向けている動きとその現状について報告する。
 


この号のご注文はこちらから→      セット(英語版&日本語版)*売切れ  英語版*売切れ 日本語版


● NI No.418 目次 ●


(本文は英語です)


*<NIJ>の表示がある記事は、NIジャパンに翻訳が掲載されています。


2 読者の声

4 食料危機を取り巻く事情<NIJ>
食料危機から始まり、エネルギー価格高騰を経て、金融危機で暮れた2008年。その食料価格高騰の激震は、世界の特に貧困層の生活と生命を直撃した。毎日食べていくだけでも大変な人々にとって、主食であるコメ、小麦、トウモロコシなどの市場価格のわずかな値上がりは、1食抜きという結末を即座にもたらす。そして食料高騰が続く中、政府が支援策を持たず社会が手を差し伸べられない国々では、人々は栄養状況の悪化と健康被害だけでなく、飢餓にも直面している。食料危機の現実と、そこに至った要因について報告する。


7 飢餓で稼ぐ連中<NIJ>

今年の食料価格高騰によって、新たに5,000万人が飢餓状態に引きずり込まれようとしている。この食料価格の高騰は、突然降ってわいた天災ではない。それは、過去数十年にわたる、緑の革命という農業の変化、世界銀行やIMFが押しつけてきた構造調整プログラムによる途上国の国内市場と産業の変化、そしてアグリビジネスの台頭が組み合わさり、その影響が蓄積して起きた人災である。この人災により、特にアグリビジネスは巨額の利益を得ているが、さらに新たなビジネスの方向に触手を伸ばしている。そこにはどんな現実があるのか。また、これ以上の人災を防ぐための方法はあるのだろうか。

10 民衆の手に食料を
食料価格の高騰に抗議する民衆が世界中で抗議活動を活発化させている。アグリビジネスの利害と結びついた政府が集うAPECが行われたペルーでも、人々がストリートに繰り出し、ペルーの資源を食い物にする企業と政府に向けて声を上げた。

12 アグリビジネスの言い分
化学物質にまみれた工業化された農業、大規模営農や国際分業の優位性など、アグリビジネスは自らの活動にどのような理由づけを行っているのだろうか。

14 肉食のコスト
肉食は、もはや生命倫理や思想信条の問題だけでは語れない時代になった。今日食肉産業は、地球温暖化ガスの排出源として無視できない産業に成長したのである。

16 食料危機 ─ その事実<NIJ>
食料価格高騰の仕組みと、誰がどのくらいの利益をそこから得て、飢えた人々がどんな危機に直面しているのかをデータで読み解く。

18 ピーク・ソイル
農作物を作るには土地が必要である。しかもその土壌は、作物の栽培に適した土地でなければならないが、それを支える豊かな表土の侵食や流出が止まらない。そしてまた、地球の人口は増加し、1人を食べさせるために利用できる農地の面積は減少の一途をたどっている。これまで人類は、機械化、「緑の革命」、遺伝子組み換え(GM)作物への依存などで食料供給の問題を乗り切ろうと試みてきたが、長期的に見ればそこには大きな問題があり、緑の革命やGM作物による問題も、今ではよく耳にするようになった。果たして人類は、どのような方法でこのピーク・ソイル問題を乗り切ることができるのだろうか。

20 私が牧場をやめたわけ
畜産業を20年間営んできたカナダの夫婦が廃業を決意した。小規模農場の苦悩と、アグリビジネス企業の台頭、BSE(牛海綿状脳症)の影響など、牧場主がその思いを率直に語る。

21 フュージョンという考え方<NIJ>
食料をめぐるさまざまな問題を今後解決していくためには、いくつものやり方がせめぎ合ったり対立を生んだりするのではなく、その間をうまく調整して協調させて役立てるフュージョン(融合)という考え方が重要になってくる。対立を乗り越え、新たな方向性を模索するフュージョンとは何か、具体的な例を挙げながら考えてみよう。


【Special Feature】

23 金融危機への軌跡
オイルマネー、ブレトンウッズ体制、構造調整プログラムと債務返済、途上国の債務危機、石油高騰……。現在の金融危機に至る過程で関係するさまざまな歴史上の要因を振り返ってみる。

25 ゼロからのスタート ─ より公正な経済を目指して
現在の金融危機を乗り越えるため、貿易、多極化する世界、軍事予算、開発援助、環境対策、金融、グローバル化、平等の各視点から、専門家の分析とアドバイスを聞いた。

30 歴史的な変革のチャンス
旧来の政治経済システムと決別し、新しい時代を築いていくためには何が必要なのか。フォーカス・ オン・ ザ・グローバル・サウスとトランスナショナル・インスティテュート(TNI)が中心となり、市民社会の声をまとめた「北京宣言」を紹介する。
注)北京宣言の経緯と、宣言文(英語)は、以下のTNIのサイトで閲覧できます。
The global economic crisis: An historic opportunity for transformation



32 南の国からの一コマ
バティスタ政権下では発表できなかった、キューバ独立の英雄ホセ・マルティの彫刻の写真。

33 社会を揺さぶる人々
単なるゲームに終わらない「テロとの戦いゲーム」。2003年のイラク侵攻からヒントを得て作られたこの過激なゲームは、テロをタブー視することなくその原因と背景、そこにある政治をきちんと考えるきっかけとなるものだ。制作者のアンディー・トンプキンスとアンディー・シャーリンに、開発のきっかけや販売での苦労話などを聞いた。

34 ミクスト・メディア
本・映画・音楽の紹介

36 ビッグバッドワールド(風刺漫画)
女性の美と男性支配について。



● NIジャパン No.106 目次 ●

(本文は日本語です)

 


A5判・モノクロ・48ページ
定価(本体600円+税)

ISBN978-4-8113-0501-1


2 イントロダクション ─ 「がんばれ」と言う前に


3 食料危機を取り巻く事情(NI p4-6の翻訳)


世界経済が混乱に陥っている中、グローバルな規模で食料危機が広がっている。その問題と今後の見通しについて、リチャード・スウィフトが探る。

 2008年はまったくなんという年だ。石油価格が倍に跳ね上がったと思ったら、次には食料危機がやってきて、そして今度は未曾有の金融危機だ。「次は何だ?」と誰もが考えずにはいられない状況だ。基本的な食料の値上がりは今年初めから続いているが、欧米メディアはその状況を、不幸だが遠く離れた国々での悲劇として伝えた。先進工業国では、スーパーに並ぶ食料がわずかに値上がりしたことに目くじら立てる人はそれほど多くはなかった。しかし、南の開発途上国で1日2ドル以下で生活する人々(世界人口の3分の1にあたる)にすれば、値上がりは大惨事である。データはさまざまだが、国連食糧農業機関(FAO)やその他ほとんどのデータには、基本的な食料(米、穀物、トウモロコシ)の値上がりが続けば、新たに1億人が生命の危険が伴う栄養失調状態に陥るとの予測が示されている。これは、すでにそうした状態にある9億人に加えて新たに発生する人数であり、生きていくための十分な食料を得られない人々が合計で10億人に達することを示唆するものだ。どのくらいの人々が実際に死亡しているのか、または死にひんしているのかは、誰も正確には分からない。

・・・・・・ 続きはNIジャパン誌上でご覧ください

7 安全、安心、持続可能な食料供給への指針(NI p5-6の翻訳)
オルタナティブな食の未来をつくるためのガイドライン。

10 飢餓で稼ぐ連中(NI p7-9の翻訳)

いつの時代にも、人間の不幸につけ込んでカネもうけをする輩(やから)がいる。キャンペーンなどで働きかけを行うグループGRAINが、世界食料危機で暗躍する企業の実態を明らかにする。

 現在、世界の食料危機によって、社会・経済的に最も立場の弱い多数の人々が、瀬戸際の状況に追い込まれている。最近ではエチオピアのニュースが記憶に新しいが、悪化する飢餓の勢いがあらわになったのは、今年初めにハイチから届いたニュースだった。米など、主食となる基本的な食料の高騰は、ハイチの人々を自暴自棄な行動に走らせた。中には、泥に食用油と砂糖を混ぜたクッキーのような物まで食べて飢えをしのぐ人々も現れた。また、抗議行動を起こした人もいた。食料価格がピークに達した今年初めごろには、食料暴動が国中に広がった。この状況には国際社会も注目し、結局首相が辞任にまで追い込まれた。しかし、それでもハイチ政府は、政策の修正はほとんど行わなかった。そして数カ月後、暴動が再び発生したのである。
 多くの国々と同様に、ハイチは構造調整プログラム[訳注]を押しつけられた国で、このプログラムによって、富裕国からの補助金まみれの低価格の輸入品に市場を開放することになったのである。1980年代初めには、ハイチは主食である米を自給していた。しかし、海外からの融資(特に国際通貨基金(IMF)の1994年の融資パッケージ)の条件として市場開放を強いられてそれをのんだ結果、米国政府の補助金で安くなった米国産の米が流れ込み、ハイチ国内の米生産は事実上崩壊した。今日ハイチでは、米の価格は2007年に比べて50%値上がりしており、平均的なハイチ人は主食に手が届かなくなってしまった。

・・・・・・ 続きはNIジャパン誌上でご覧ください

20 食料危機 ─ その事実(NI p16-17の翻訳)
食料価格高騰の仕組みと、誰がどのくらいの利益をそこから得て、飢えた人々がどんな危機に直面しているのかをデータで読み解く。


27 フュージョンという考え方(NI p21-22の翻訳)

飢えた人々に手を差し伸べられず、環境には大きな負担となる工業化した農業。それは、決して良い農業の形とは言えない。持続可能で公正な食料供給の仕組みを回復するためには、異なるいくつかのやり方を組み合わせ、それをうまく活用できるように調整を図っていく必要があると、ウェイン・ロバーツは語る。

 私は、世界のパワー不足という問題の正しい解決策は、融合なのかもしれないと考えるようになった。いや、それは、発電における核融合(fusion)技術のことではない。私が言っている融合(フュージョン:fusion)とは、食料におけるフュージョンである。例えばフュージョン料理(多国籍料理)を思い浮かべてほしい。それは、幅広い食材の新たな融合を提案し、姿を現しつつあるこれからの新しい食料供給システムに携わる人々の可能性を示唆するものである。
 高級レストランのシェフは、多様な国や多様な文化的背景を持つ食材を奇抜なスタイルで高級料理として提供することが、あたかもフュージョン料理であるかのように混同(confusion)している。食文化の歴史をひもとけば、フュージョン料理は文化的な創造物であるだけでなく共有物でもある。船員、海外移住労働者、奴隷労働者などとして、異なる国や異なる文化を持つ民衆が出会う時に生まれてきたものなのだ。例えば、カリブ海沿岸諸国で生まれたクレオール料理。これは、アフリカから奴隷として連れてこられた人々の料理と、その地域の先住民族の料理が1500年代に融合してできたもので、高級レストランの料理とはだいぶ背景が異なるが、これもフュージョンである。
 今日の世界では、個人、政治、食物の変化にもフュージョン的特徴が現れている。世界が米国と旧ソビエト連邦によって二極化していた冷戦時代、私たちはそのどちらかに属することを強いられたが、その体制は崩壊し、ここにもフュージョン的な動きが見えてくる。

・・・・・・ 続きはNIジャパン誌上でご覧ください

【日本発のリポート】
33 食糧主権 ─ 日本と世界の食を救う道 
真嶋良孝(農民運動全国連合会)

 BSEの牛肉から汚染米、使用禁止農薬が検出された野菜から産地偽装まで、これらは単なる食品の安全管理の問題ではない。それは、食糧と貿易に関する日本の政策と世界の貿易構造の問題である。農業の本質を忘れた政策と構造は、日本の食と農をむしばんでおり、さまざまな点で私たちの食物の未来には暗雲が立ちこめている。ここでは、その現状を振り返り、その対処法として注目されている食糧主権について考えてみる。


44 もっと知るためのネタ帳
食料危機に関して幅広く知る、そして何かするための活動団体、参考ウェブサイト、映画祭、書籍の情報。

46 ブックレビュー:『「アメリカ小麦戦略」と日本人の食生活』 
(鈴木猛夫 著)

NIジャパン目次トップへ



  ●バックナンバーリストへ